興信所の報告書

興信所の報告書にはどんなことが書いてある?何に使えるの?

探偵事務所は浮気調査などを終えた後に、報告書として調査内容をまとめたものを渡してくれますが、興信所も同様に調査後には調査結果をまとめた報告書を作成してくれます。この報告書にどのような内容が記載されているのか、また何に使えるのか等の疑問に答えていきます。

 

報告書にはどんなことが書いてあるのか

報告書には決まった形は無く、各興信所によって変わってくるところです。こちらではその一例をご紹介したいと思います。ある興信所での報告書には被調査人の氏名、生年月日、現住所、勤務先、調査に使った車、調査の主旨、調査方法、調査結果、調査記録、調査所見を記載しています。調査中に撮った写真屋や画像については別添で撮影資料をもらえたり、報告書に画像が記載されていたりとその使い方は様々です。別添か記載かどちらのほうが証拠としての効力が増すなどという差はありませんので、報告書として分かりやすいかどうかという問題と考えるといいかと思います。

 

報告書は何に使うか

この報告書は調査案件について慰謝料請求や裁判になったときなどに切り札として使うことができます。例えば浮気調査では浮気の証拠として使い、不貞行為を認めさせることで慰謝料請求できます。このように報告書は問題の証拠となりうるため、十分にその効力を発揮できるような内容の報告書を作成してくれる興信所に依頼する必要があります。

 

報告書の例、サンプルの事前確認

各興信所で作成する報告書のレベルにはばらつきがあります。そのため、依頼する興信所を選ぶポイントとして、使える報告書を作成できることも視野に入れておきましょう。事前の話し合いで報告書例や報告書サンプルを見せてもらいましょう。通常の興信所であれば見せてもらえます。ここでもし見せることを渋る、見せてくれないことがあれば悪徳業者の可能性もありますので注意が必要です。

 

→興信所の無料相談・見積もり依頼窓口