興信所の費用相場はいくら?

興信所の費用っていくら位?相場と安い料金の場合の注意点等

興信所の費用はいくらくらいが妥当なのでしょうか。日頃利用することのない機関であり、利用した人がいたとしてもあまり口外することはないであろう機関だからこそ、その相場は未知のものであります。こちらではそんな興信所の費用についてお伝えしていきます。

 

興信所の相場

結論からいうと興信所の費用は調査内容によって変わってくるため、相場はあってないようなものです。調査内容とは何かというと、依頼内容、調査方法、調査人数、調査期間、調査に使ったアイテムなどです。数万円で済む案件もあれば、100万円や200万円、さらにはもっと多額の金額になる案件もあります。

 

基本的な料金体系

ここで興信所の料金体系についてご説明します。興信所の調査方法は基本的には尾行や聞き込みが行われますので、調査員が時間単位で動くようになります。また調査員は一人で動くことは少なく、二人以上で動くように設定している興信所がほとんどです。そのことを踏まえて料金の算出をすると調査員一人当たりの単価×調査人数×調査時間で出た金額が単純計算での料金となります。実際にはこれに諸経費が加わってきます。

 

例えば調査員が一時間一万円だとして二人体制、1日3時間の調査を一週間したとするといくらになるかというと、1万円×2×3×7で42万円となります。

 

激安の調査費用

よく興信所で安い値段をウリにしているところがありますが、これは悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。また悪徳業者でないにしても調査能力が低く、結果が得られないことが考えられます。それは調査費用の削減のために必要な経費を削っている可能性があるからです。例えば、お金がかるところは人件費です。この人件費を削る為に調査員を一人にしたらどうでしょうか。一人だと調査中にお手洗いなどにいけないことや尾行失敗につながる可能性が高くなります。そのため通常では二人以上で設定しているわけです。

 

また調査人数が多すぎることも注意が必要です。四人以上の体制だと謳っていても、実際の調査員は二人だったりして水増しされているケースもあります。多すぎることで調査成功確率が上がるわけでもないので、調査人数は2人から3人が妥当なところでしょう。

 

→興信所の無料相談・見積もり依頼窓口